うまなり

ひと任せ、うま任せ、なんでもあり~!

乗馬記録(2017/3月)

f:id:happy44:20210530111324p:plain

2022/07/12更新

既にやめてしまったが、55歳から始めた乗馬の記録。

レッスン58(SLKY)走る気まんまん

SLKYは、常歩から力強く元気だ。常歩の途中から勝手に速歩になる。

インストラクターが、調馬索で少し走らせてガス抜きしたが、自分の技術では制御できなかった。

 

レッスン59(PNSY)軽速歩の維持

軽速歩の維持を練習したが、自分にとっては、とてもハードだった。

手前を合わせるように言われ何度もトライしたが、外側の足が出るタイミングを目視できない。

手前を合わせることが、自分ではできなかったが、軽速歩での手前変更はまずまず出来た。

相変わらずというか、軽速歩での巻乗りは途中で、常歩になってしまう。

軽速歩の維持のために、ズーッと脚に力を入れっぱなしだったので、レッスン後ぐったりしてしまった。 

 

 レッスン60(MKR)巻乗りを何とかしたい

巻乗りのとき、体が先行して内側に傾いてしまう。

インストラクターから、悪い癖を矯正するために、外側を意識するようアドバイスを受けるが、どうしても内側に傾いてしまう。

この年になると、頭で分かっていても、体がうまく反応しない。

車の運転なら、アクセルを踏んでいるつもりで、ブレーキを踏んでしまっている状態であるから、運転免許証を返納した方が良いということになる。

軽速歩での巻乗りと手前変更が、自分にとっての大きな課題だ。

課題が多過ぎるが、まずは、常歩で元気よく動かせるようにならなければいけない。 

ー歩様の変更など、馬を動かして前進気勢を維持することができて、はじめてできることなのだけれど、初心者の場合、馬を動かすことができないのだけれど、何故動かせないのかが分からないから、難しいのだけど、覚えるより慣れろなんだろうという気がしますね。

 

 レッスン61(SLKY)ダメ出し

インストラクターから、正しく乗れていないとの指摘。家で柔軟やバランスボールなどを活用して体幹を鍛えるよう勧められた。

・脚に力が入りっぱなし(馬が鈍くなってしまう)

・扶助に反応したら、力を抜くこと

・脚を使うタイミングが正しくない

・馬上でリラックスして乗れていない 

 

 レッスン62(SLKYY)正反動を練習

常歩、軽速歩のほか、今日は正反動も練習した。正反動の練習は、いままで練習したことがないと思う。

練習したとしても、メモしていないので、とりあえず、体験した程度だと思う。

インストラクターからは

・騎座の位置が前方過ぎる

・SLKYの扶助は、軽いタッチで十分

・股関節を柔らかくして乗ること

・馬の動きを感じて、すかさず指示を出すこと 

家で柔軟しないとダメだな。