うまなり

ひと任せ、うま任せ、なんでもあり~!

趣味極 乗馬を見たよ

f:id:happy44:20211007145926p:plain

2021年10月6日(水)、BS日テレで放送された週末極楽旅《BS日テレ》趣味極 乗馬/ゲスト:鈴木紗理奈を見た感想。

 

極楽とんぼの山本圭壱さんと加藤浩次さんが、乗馬に挑戦するというもので、場所は、モーヴァン乗馬クラブ

乗馬するためのウェアは、日本馬事普及ショールームで調達。

乗馬未経験者が、1日で、①馬を選ぶ、②馬具の取り付け、③乗って歩く、④山登りを行い趣味としての乗馬の魅力を紹介する内容の番組でした。

①馬を選ぶは、基本的に乗馬クラブで初心者用の馬を割り当ててくれるので、気にする必要はなく、ざっくり、騎乗する馬の紹介のほか、馬の額にあるつむじが2つある馬は、やんちゃなど豆知識的なものでした。

②馬具の取り付けは、事前に、日本馬事普及ショールームで、鞍や頭絡などの馬具を学んだうえで、乗馬クラブで行いました。

③乗って歩くでは、前進、スラローム、停止などを学び、走る(速歩)まで行いました。

④山登りは、ひととおり馬の操作が出来るようになったので、隣接する山の林道を通って馬と自然を満喫。

番組によると、ここ最近は、コロナの影響から、密にならないということで、通年の1.5倍くらい乗馬をはじめる人が増えているとのことで、番組をみて、乗馬に興味を持たれた方も多かったかも知れませんね。

ゲストの鈴木紗理奈さんは、乗馬をはじめて1年8か月で、東日本障害馬術大会で優勝する腕前で、流石に馬に慣れており、最終的には、鈴木紗理奈さんのように乗りたいと思える画で番組的にはよかったと思いました。

加藤さんは、はじめてにもかかわらず、スラロームなど上手こなしていたほか、コメントも的確で、朝の情報番組のMCを務めるだけのことはあるなと感じました。スッキリしたコメントで、乗馬した際の感想が、TVを見ている人へよく伝わったのではないでしょうか。

日本馬事普及ショールームでは、馬具の説明よりも、乗馬ファッションを中心にして、加藤浩次さんや、鈴木紗理奈さんがカッコよく決めたところで、山本さんの試着による笑いを狙った方が、面白かったのではないかと思いました。

また、初心者で難儀するのが、馬具の頭絡を付けることなので、山本さんの馬は、多少嫌がってましたが、頭絡付けが失敗した訳ではないので、あの場面では、馬が口を開けないとか、首を振るなどして、手に負えず、頭絡付け失敗となった方が、笑いが取れてよかったような気がしました。

笑いのクライマックスは、馬具を付けたところで、山本さんが体重オーバーのため、乗馬中止となるところでしたが、はじめからわかっていることなので、イマイチだったように思えました。

山本さんは、ポニーを引いて山登りに参加していましたが、途中道草食って、ポニーが動かなくなり綱引きするなど、微笑ましい感じでしたが、欲を言えば、山本さんの接し方に怒ったポニーが体当たりするとか、ポニーが急に走り出して、ひきずられるなどの画が欲しかったところです。

乗馬を紹介する番組は時々放送されますが、笑いの要素を含んだものは、あまり見かけないので、大爆笑とはなりませんでしが、淡々とした笑いがちりばめられており、楽しむことができました。