うまなり

ひと任せ、うま任せ、なんでもあり~!

乗馬をはじめたきっかけ

f:id:happy44:20210419221051p:plain

単身赴任の時間を有効に使おうと某有名クラブの50歳以上キャンペーンに申し込んだのだが、希望日と先方との日程が合わず、その日、家にいても仕方がないと、予約なしで他の乗馬クラブへフラフラと見学に行った。

見学に行ったクラブでは、突然のことにも関わらずウエルカムで、引馬に誘ってくれた。

初めての馬上からの景色に驚くとともに、馬に乗るということがとても気持ちよく、駈歩ならもっと楽しいに違いないと思い、ビジターで通うことにした。


乗馬をはじめるにあたっては、ヘルメット、ボディプロテクタ、キュロット、ブーツ、チャップス、手袋、鞭等が必要な様であった。

乗馬をはじめると決意したものの、途中でやめてしまう可能性もあるため、しばらく次のとおりレンタルや代用で対応した。

・ヘルメット・・・・・・クラブから借用
・ボディプロテクタ・・・クラブから借用
・キュロット・・・・・・ジーンズで代用
・ブーツ・・・・・・・・長靴(ながぐつ)
・チャップス・・・・・・なし
・手袋・・・・・・・・・軍手
・鞭・・・・・・・・・・クラブから借用

クラブによっては、レンタル用品がない先もあるので注意が必要だ。

 会員になってからも暫く、乗馬用品にはお金をかけずにいたが、一番最初に購入したのは、ヘルメットである。
季節にもよるが、ヘルメットを着けていると、暑くて眩暈を起こしそうになる。頭から噴き出る汗でヘルメットは悪臭が満ち、最悪、使用者の汗でベトベト。流石に他の人が使用した臭いヘルメットを使用する気になれず、たまたま、乗馬クラブに置いてあったヘルメット(見本)を試着したところ問題なかったので購入。
体験乗馬や乗馬を楽しもうと思っている方には、上記の理由からヘルメットを早めに購入することをお薦めする。ボディプロテクタは、レンタルで良いが出来ればエアバック式のhit-airを借りましょう。

ブーツやチャップの代わりに、私は長靴(ながぐつ)で頑張っていましたが、乗馬で駈歩を目標とするのであれば、購入しなくてもレンタルした方が絶対に良いです。脚の扶助という意味を早く理解できると思います(私は未だに理解できていませんが<なんとなくは感じていますが、説明できません>)。鞭はレンタルで十分です。

キュロットと手袋は、私のレベルでは、効果がよく理解できていないので、代用品でもよい気がするが、ただ、夏の暑さを考えると専用のものが欲しくなると思います。 

【ふるさと納税】はじめよう!乗馬レッスン・ビジター45分コース 【体験チケット】 お届け:2020年1月下旬より順次発送

価格:20,000円
(2022/7/19 12:56時点)