うまなり

ひと任せ、うま任せ、なんでもあり~!

CW-X

f:id:happy44:20220107114635p:plain

2022/07/12更新

NHK大河ドラマ鎌倉殿の13人に出演する小栗旬は、馬に乗るシーンのため、乗馬クラブで80回くらい騎乗し練習したそうである。

短期集中的に、80回も騎乗したのであれば、相当な腕前になっていると思われる。

年間40鞍乗るかどうかの自分としては、羨ましい限りである。

小栗旬は、若いから体力的にも問題ないのであろうが、自分は、騎乗のたび筋肉痛におそわれるので、短期間にそんなにたくさん騎乗しては、体がボロボロになってしまう。

このところ、筋力、基礎体力が著しく落ちていると感じて、少しでも、楽に騎乗できないかと考えていた。

冬用の乗馬ズボンを持っているのだが、12月に入ってからは、冬用でも寒いと感じるようになっていたため、防寒対策を兼ねてスポーツタイツを購入してみようと考えた。

多くのスポーツタイツが、筋肉疲労の軽減を謳っていたが、唯一、CW-Xが明確に対して、有効としていた。

乗馬の際、手綱に頼る自分は、上半身も筋肉痛になったりするのだが、圧倒的にふともも、膝、脹脛など下半身に疲労を感じることが多い。

下半身の中でも、股間が一番筋肉痛になるので、CW-Xに強く惹かれたのだが、価格的には、CW-Xも乗馬ズボンも同じくらいである。

使用している冬用のズボンは、古いタイプなので、最新のものなら、もう少しは、暖かくもありグリップなどの機能性も良いと思われた。

なかなか踏ん切りの着かないところであったが、旧タイプCW-Xであれば、割引価格で購入可能であったほか、アルペンの歳末セールで、プラス10%オフで購入可能であったことから、思い切ってポチッとしてみた。

到着後、早速に試し履きしたところ、下半身の締め付け具合が丁度よく、テーピング効果が期待できそうな気がした。

プラシーボ効果もあるのだろうが、実際に乗馬で使用してみて、全く、股関節の筋肉痛がなくなった訳ではないが、確かに筋肉痛が軽減されたように感じられた。

股関節のテピンーグ効果は期待どおりだが、もう暫く使用してみて、トップスや夏用のハーフなどの必要性について見極めることとしたい。